工務店に依頼するメリット

希望するイメージが伝わりやすい

工務店にはお抱えの大工さんがいる所がほとんどです。営業担当者と大工さんの距離も近いですし、依頼主が直接現場の人と話せるケースも少なくありません。そうすると、依頼主の希望するイメージが大工さんに伝わりやすくなります。
大手メーカーでは現場で働く人は下請け会社にいることが多いため、依頼主の意見が渡るまで時間がかかります。営業マンを経て伝えてもらうわけで、伝言ゲームのようにいざ伝わったときには内容が多少違っていることもあるでしょう。
注文住宅が希望通りの家に出来上がるかどうかは、いかに依頼主のイメージを的確に現場の人が理解できるかが重要ポイントです。工務店であれば誤解も生じにくく、ダイレクトに大工さんに要望を把握してもらえます。

見積もりからメンテナンスまで責任を持って対応してもらえる

工務店は家族や親族などで経営している所も多く、小規模でアットホームな雰囲気です。従業員数もそこまで多くなく、依頼主が問い合わせをしてから工事完了してその後まで一貫して行っている会社が目立ちます。
中には特別な事務員や営業マンもおらず、少人数で役割分担して会社を回している所もあります。つまりは従業員一人一人が責任を持って、仕事をしていると言えるでしょう。誰かの失敗やミスが、会社全体の信頼喪失や売上損失につながってしまうからです。
依頼主としては、見積もりからアフターメンテナンスまで一貫して行っている工務店であれば信頼して任せやすいです。責任感を持って仕事をしているので、丁寧な作業であり安心できます。

建売住宅とは、戸建て住宅の中で既に建築が完成した状態で販売されるもののことです。購入前に見た目や内装などを見学して確認することが出来ます。