ハウスメーカーに依頼するデメリット

「こだわり」が強い場合はハウスメーカーが見つかりにくい

注文住宅を建てる大きなメリットとして、住む人のニーズを設計に反映できる点が挙げられます。家の購入に際しては建売住宅から選ぶのも一案です。契約から入居までの期間が短いなどのメリットもあるからです。しかし、家への愛着を深めるためには、自分たちの希望に沿った家を建てるほうがよいかもしれません。

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーに依頼する方法があります。ハウスメーカーには全国展開している大手が多く、住宅の特徴などもわかりやすいなどのメリットがあります。ただ、入居者の好みに合った設計が難しいかもしれません。もちろん、家族構成などに沿っていろいろなプランの提案を受けることは可能です。しかし、材料や間取りなどへの「こだわり」が強い場合、対応できるハウスメーカーが見つかりにくいかもしれないのです。その点がハウスメーカーに依頼するデメリットの一つといえるでしょう。

アフターサービス面で不安な点も

住宅は、その後の人生を左右するほどの大きな買い物です。しかも、購入して終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要なほか、不測の事態などを想定しておく必要があります。それにともない、多額の費用が発生することも少なくないでしょう。それ以前に、緊急時にすぐ対応してもらえるかどうかが不安です。

もちろん、ハウスメーカーがアフターサービスも力を入れているのは言うまでもありません。経営基盤がしっかりしている大手に依頼すると、メンテナンス面でも安心できるでしょう。ただ、地域密着型のところとは異なり、担当者と顔を合わせる機会が少ないのが一般的です。緊急事態はそう頻繁に発生するものではないため、連絡先の確認に時間が掛かるかもしれません。ハウスメーカーに注文住宅建築を依頼するときは、このようなデメリットも承知しておきましょう。

分譲住宅とは、分譲の住宅地に同じような形で複数建築され、分けて販売される住宅のことです。資材を大量に調達することでコストダウンにつながります。